エホバの証人が尋ねる質問

このサイトの趣旨

このサイトでは、現役のエホバの証人と議論する際に必ずと言ってもいいほど頻繁に出てくる質問、主張に対して、私、元エホバの証人二世のGNUが回答、反論しています。これを公開することで、真理を誠実に追求している方々がエホバの証人に騙されることがなくなれば、また、エホバの証人を辞めたものの罪悪感や恐怖感にさいなまれている方々が解放されればと願っています。

私はエホバの証人の方々のところに行き、説得して辞めさせようというつもりはありません。ものみの塔協会が偽りの組織であることは、聖書に従い、すべてのことを確かめようとする方々なら説得されずとも自ずと気付くことであり、そうでない方々には何を言っても無駄だ、と考えるからです。このサイトがその「気付き」の一助になればとも願っています。なお、現在の私のスタンスは、「神の存在は信じるが、それを信仰の対象とは考えず、聖書にも信仰は抱いていない。しかし、神や聖書への信仰を持つ人を批判することはない。」というものです。このサイトでは三位一体、杭か十字架か、というような問題は扱っていません。非クリスチャンの私には興味がないことであり、それを論じるだけの知識もないからです。

エホバの証人が尋ねる質問

特に注記があるものを除き、すべての引用はものみの塔聖書冊子協会の出版物からです。また、聖句は新世界訳聖書からの引用です。

  1. ものみの塔協会が真の組織でないなら、どこが真の組織なのですか。
  2. 神は輸血を禁じておられます。
  3. 神は漸進的に導かれます。
  4. 神は一つの組織を用いて人々を導いています。そしてその組織とはものみの塔協会です。
  5. 確かに神は存在しておられます。聖書はすべてにおいて正しい書物です。
  6. 私たちは純粋な動機で活動しています。
  7. その他

リンク集・管理者GNUの連絡先

有名なところばかりなので、すでにご存じだとは思いますが、このサイトを作成する上で、ページ構成、コンセプトを含む様々な点で参考にさせていただいたサイトへのリンクをしておきます。なお、このサイトへのリンクはご自由にしていただいて結構です。連絡は不要です。

以下はここにリンクしてくださっているサイトやお友達のサイトです。

下記サイトで『神の立琴』(ものみの塔聖書冊子協会、1925年)の一部を読むことができます。

管理者GNUの連絡先は、gnu{at}exjw.net({at}を@に変更してください。)です。ご意見、ご感想等ございましたらお聞かせください。悩み相談の類は受け付けていません。